パナソニック

パナソニックと言えば、日本を代表する家電製品や機械製品の製造販売を行っている企業なので、農業とはあまり縁がないと考えている人も多いでしょう。このパナソニックでも農業ソリューションを行っているのです。最近の日本は、異常気象によって農家がかなりのダメージを受けているのが現状です。農家がダメージを受けると、食品の値段が上がってしまい、安全でおいしい日本産の食材が手に入りにくくなってしまいます。

このような事態を避けるために、パナソニックではハウスでの栽培や、植物育成ライトなど、最新の技術を駆使した屋内での栽培方法を行っています。ハウスとは言っても特別なものではなく、一般的な農家でも導入されているようなハウスです。ただし、温度管理や湿度管理、光の管理などを徹底的に行い、外の環境が悪くても農作物が育つように工夫されています。

植物育成ライトなどを使用する場合には、ハウス栽培のように外で行うのではなく、建物の中で農作物を育てています。ハウスの場合には、高温や低温などは防ぐことができても、台風や大雪などを防ぐのは難しいでしょう。しかし、屋内であれば問題ありません。光の具合などをいろいろと研究し、より自然の太陽光に近い環境を作りだしています。このようにして野菜や果物が途絶えないように、パナソニックでは農業ソリューションに取り組んでいるのです。