パナソニック

パナソニックと言えば、日本を代表する家電製品や機械製品の製造販売を行っている企業なので、農業とはあまり縁がないと考えている人も多いでしょう。このパナソニックでも農業ソリューションを行っているのです。最近の日本は、異常気象によって農家がかなりのダメージを受けているのが現状です。農家がダメージを受けると、食品の値段が上がってしまい、安全でおいしい日本産の食材が手に入りにくくなってしまいます。

このような事態を避けるために、パナソニックではハウスでの栽培や、植物育成ライトなど、最新の技術を駆使した屋内での栽培方法を行っています。ハウスとは言っても特別なものではなく、一般的な農家でも導入されているようなハウスです。ただし、温度管理や湿度管理、光の管理などを徹底的に行い、外の環境が悪くても農作物が育つように工夫されています。

植物育成ライトなどを使用する場合には、ハウス栽培のように外で行うのではなく、建物の中で農作物を育てています。ハウスの場合には、高温や低温などは防ぐことができても、台風や大雪などを防ぐのは難しいでしょう。しかし、屋内であれば問題ありません。光の具合などをいろいろと研究し、より自然の太陽光に近い環境を作りだしています。このようにして野菜や果物が途絶えないように、パナソニックでは農業ソリューションに取り組んでいるのです。

NEC

日本には数多くの大手企業があるのですが、その中には農業ソリューションに取り組んでいる企業もあります。その1つがNECという企業なのですが、日本人であれば名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。海外でもいろいろ取り組んでいるのですが、日本国内で取り組まれている内容は、大きく分けると4点あります。

1つ目は農業経営の支援なのですが、農業は植物を育てるための知識と技術が必要になります。昔は農業をしていた人も多かったのですが、最近はどんどん減っているのが現状です。そのため、後世に農業のノウハウを伝えることが難しくなっているため、企業が農業の技術や知識を経営者やこれから農業をやりたいという人に伝えているのです。2つ目は農作物の生産支援です。簡単に言えば、農作業に必要な機材や環境などを貸し与えるサービスです。

これなら土地がない、機材がないという人でも農業ができます。3つ目は農地基本台帳です。農地改正法にも対応しています。4つ目は研究開発なのですが、農業の技術もどんどん進歩しています。しかし、遺伝子組み換えなど、安全性に不安が残るような研究を行っている企業もあるのが現状です。NECでは高度な技術を駆使して、安全性に問題がないように十分注意して研究開発を行っています。

農業ソリューションとは

最近はすぐ横文字を多用する傾向にあるので、よく意味が分からない言葉が蔓延している状態だと言えるでしょう。どのような感じなのかは理解できても、意味を聞かれると答えられないという人もたくさんいます。農業ソリューションもその1つだと言えるでしょう。農業は誰でも意味が分かると思いますが、ソリューションというのはどのような意味なのでしょうか。

ソリューションというのは、簡単に言えば解決するという意味になります。よって農業ソリューションというのは、農業を解決するという意味だと考えておけばよいでしょう。農業を解決すると言われても、まだ意味が分からないでしょうが、農業に関するさまざまな問題点を解決することだと考えておくと分かりやすくなっています。最近はこの農業ソリューションに取り組む大手企業が増えています。

本来であれば、農業というのは国の食糧を安定供給し、なおかつ安全な食品を消費者に届けるべきです。しかし政治家の悪政によって、現在農家はかなり厳しい状況に追い込まれ、全農の解体や農協の民営化というとんでもない悪政を、改革などと言って行おうとしています。

このようなことをしてしまえば、当然日本の農業は廃れてしまい、安全な食品を安定供給できなくなってしまうでしょう。だからこそ民間がいろいろな解決策を講じているのですが、これが農業ソリューションなのです。当サイトでは農業ソリューションに力を入れている企業を紹介し、農業の大切さを伝えていければと考えています。